化石のような TOEIC のスコアシートが出てきた

半年前に初めてプログラミングに触れてからというものの、久しぶりに勉強意欲が湧いてヒマを見つけてはあれこれ資格を受けたりしている今日この頃。

先日の大掃除にて、受験票とかそういうやつをまとめてたファイルを発見し、中身を見てみると懐かしいやつがいっぱい出てきた。漢字検定とか英検とかドイツ語検定とか、そういうどれも履歴書に書けない戦闘能力の低い検定試験ばかりで残念ですけど、中に TOEIC のスコアシートも混じっている

たしか大学院受験の英語科目が TOEIC で代替されていて「何点取ってもプラスにはならないけど、700以下はマイナス評価」みたいなカオスな噂が当時飛び交っていて、(書類で落ちるわけにはいかない…!)と、スコアを整えようとしていた記憶がある。TOEIC 仕様のキクタンを買い、おんぼろ研究室から勝手に借りた公式問題集を使って薄暗くて無駄にレトロな図書室で勉強していた頃を思い出した。

私の頭の中の記憶だと出願時に800点台のスコアを揃えた気がしていたんだけど…失くしてしまったのか元々そんなスコアは気のせいだったのか・・・・・・・・・・・・・・・・・・。今となってはよくわからない。時間が出来たらまたTOEICにも挑戦したいと思うなどした。

TOEICの点数があるからといって、「=英語力高い」とはならないのが日本の英語教育の賜物。旅先で外国人に英語で話しかけられること本当に多いけど、私の道案内「そう、right!曲がって、go、そうするとstation、yes!」みたいな感じなので、ルー大柴にすら呆れられるでしょう。

あんまり手当たり次第雑食みたいに勉強してもどうせ身につかないので、英語は来年以降にしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。