【人間関係の整理整頓】依存を許さない&幼稚さを受け入れない、大人を相手にする

全体的に振り返ってみて去年一番良かったのは、人間関係の整理整頓。人間関係のスタンスは良い方向にも悪い方向にも人生を左右する大きなもので、生活・人生の満足度に関わります。

去年は「この方は(他者への)依存度が高い」と(個人の主観で)感じた人には思い切って距離を置いてきました。その年齢に対して精神的な年齢が低い人。

  • ネガティブな話題ばかりの人(話を聞くだけで疲れる)
  • 他責な人
  • 平気で質問してくる人(一切答えないことにした)
  • 自分の自尊感情の低さを、他者からの承認で埋めようとする人
  • 自分だけ満足しようとする人
  • 人から与えられている(奪っている)のにその自覚が無い人
  • 人からテイクしたことには鈍感で、人にギブしたことには敏感な人
  • なぜかいつも被害者ポジションにいたがる人
  • 人に悩み事があると、嬉しそうにする人

2019年の年始あたりから人間関係が息苦しくなってきまして(笑)自分自身の、他人に対する向き合い方だったり、そもそも自分自身だったりにしっかりと向き合う機会を経て、こういうスタンスになりました。

依存については結構考えて、調べたり本を読んだりして勉強しました。結局のところ、わたし自身が依存体質の人を依存させてしまう状況を作り出していたのがいけなかった。依存体質の人が欲しがっているもの(心配してあげること、必要としてあげることetc)を、無意識に提供してしまっていました。だから寄ってくる。私が供給し続ける限り、寄ってくる。

一番わかりやすいのは、引きこもりの大人。なぜ働かないのかといえば、住むところ・光熱費・食事などなどを親が供給し続けていて、依存できちゃう状況を作り出しているから。いくら依存体質だといっても、家をガチで追い出され、無一文になったら、食うためになんとかサバイバルするはずで、引きこもれなくなります。与えるから依存してくる。でも親はそれをやめない。そんなイメージ。

ただし親子関係は特殊で、無償の愛がそこにはあります。だから親はいつまでも与え続けていたりします。しかし、その他の人間関係(恋愛関係も含む)は、全て有償かつ有限の愛。与え続けるだけって無理なんですよね。与え合いがきちんと循環していないと、いずれ枯渇してなくなる。

よく考えたら当たり前なんですけど、自分のこととなるとわからんもんですね。

そして与え続けてやがて自分が枯れ果てるという(笑)その他人から私もある程度はギブして頂いていることもあるかもしれませんが、最終的に私が疲れ果ててしまっているということからすれば、やはり取られているものと受け取っているもののバランスが大きく崩れているのはそうなんでしょうね。

ギブアンドテイクについては、その頻度や回数など色々人によって考え方があるかと思いますが、それらを全部差し置き、「テイクのみ担当!」みたいな人が身の回りに増え過ぎていました(笑)もうそれは仕事でもプライベートでも。テイクされるものは、経済的な面や仕事上の情報とかだけでなくて、精神的リソースやもっというと女性としての自尊心だったり。

容姿、若さ、財力、性格等々、何も差し出さずに自分を相手に受け入れてもらおうとするなんて、いったい己のどこで勝負してるんだ?と思ったりもします。自分の “ありのまま” にどれほどの価値があるのか振り返った方が良い。自らの闇を誰かに受け入れて貰いたがる方にも遭遇しましたが、正直それは相手にとってメリットがないどころか負担しかない(吐き出すならば、カウンセラー等のお金を払った相手に対してすべき事柄だと思っている)。

自尊感情の低さをこじらせている人のヒーロー願望の餌食になりがちだということも分かりました。酷い時には「幸せになるのが怖いんですか?」的なことを言われたこともあって(えっと、私すでに幸せなんですけど)と。失礼だな

親切は自分が本当に大事にしたい人だけにたっぷり振りまく。その他の人に対しては迂闊に親切にしない。「誰に対しても親切に誠実に」、そういう考え方もあるし、どちらかというと以前は私もそっち派ではあったんだけど、最近は違う。本当に大切な人に誠実でいるためには、大切じゃない人に不誠実にすることも必要な時があります

2019年を通じて「精神的な幼さ」「他者依存」「他責思考」に対して、不寛容になってしまいました…。じゃあ自分が成熟しているのかと言われれば、そんなことは全くなくて、私自身ももっと素敵な成熟した大人になっていきたいと思っている。だからこそ、無意識にでも幼いままで居続けようとする人に嫌悪感を感じるんだと思った。他人の嫌いな部分って、自分が気にしてる部分っていうし。大人の幼稚さ、それも許せるようになる時が将来は来るのかもしれないですが、今の私にはそういう人たちを避け、大人しか相手にしないようにすることでしか自分を防衛できません。

人間関係については、もっと勉強しなきゃと思ってるし、とりあえずそういうのを研究してる人が書いた本に触れていきたい。吸収できるか分からないけど。最近kindleがはかどりそうな、画面大きめの新しい中華スマホをゲットしたから(笑)読書進めよっと。

2 Comments

けだまとりこ

明けましておめでとうございます!

例えば朝ちゃんが商店だとしたら、ターゲットしてないお客さんまでやってきちゃう状態でいいのかな。こんな私でもこのお店利用できちゃうんだ!みたいな。(某ファミレスのような)

人間ひとりが抱えられる人間関係(友人関係)ってそんなに多くないと思っているので、クズっぷりをもっともっと発揮して、面倒な人寄せ付けない、寄ってこなくなるまで!
そっか、足りないのはクズっぷりか!!!

どんな朝ちゃんも大好きです、今年もよろしくお願いします(*’ω’*)

>>けだまさん
そのファミレスの例えわかりやすいですw
まさにそれって感じです。

子供だなと感じた人をバサバサ切っていったら(笑)今、身の回りには素敵な大人しかいなくなってかなり幸せな状態になりました。
寄せ付けないようにするって大事ですね…。
今後もしっかり発揮していきたいと思っております!w

ありがとうございます私も好きです(告白)
今年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。