職業訓練の申し込みまでの手順まとめ

公共職業訓練は昨今、人気が高まっています(悲しいかなそれだけ求職者が多いということです)。公的な行政サービスで、失業者が就職に必要なスキルを身に付けるためのものです。ざっくりですけど、教材代金(大半は15000円程度)の自己負担以外は、無料で受けられることが多いです。

あくまで「就職が前提の制度」であるため、仕事がある人がさらなる自分のスキルアップの為に利用することはできません。受講においては、就職活動をすることを求められますし、ハロワに来所しなければならない日が何日かあります。

職業訓練は雇用保険の手当を受けられる人がメインの制度で、求職者支援訓練は雇用保険の適用が無い人がメインの制度という棲み分けが一応のところされています。私が受けようとしているのは「求職者支援訓練」の方なので、厳密にいうと「職業訓練」ではないのですが、実態はほぼ一緒ですのでまとめて職業訓練ということで書いています。

職業訓練を受けるためには、様々な書類があったり準備期間が必要です。面接や場合によっては筆記試験もあります。いきなりハロワに行って、その場で申し込める類のものではないので、希望する方は早めに事前の準備をしなければなりません。

職業訓練を受講するまでの流れ

「職業訓練」というと電気や溶接、建築などの現場作業系のイメージが強いですが、それだけではなく、事務系・医療系・介護系・IT系など思ったより多種多様なコースが用意されています。中でもIT系(Webデザイン、プログラミング開発)はかなりの人気で、コースによっては倍率が2~3倍程度になることもあります。

受講開始までの流れはこのようになります。

  • STEP.1
    求職申込み
    管轄のハローワークに来所し、求人票を記入する。職業訓練の担当窓口で案内を受ける。事前にどんな内容の職業訓練を受けたいのか考えてから行くとスムーズ。
  • STEP.2
    見学説明会参加
    希望する訓練校を見つけたら、見学説明会に申し込み参加する。事前に電話予約をしてから行くのがほとんど。服装は突飛でなければスーツでなくても大丈夫(もちろんスーツでも大丈夫)。 見学は義務ではないので行かなくても申し込みはできるが、選考を考えると参加しておいた方が絶対に良い
  • STEP.3
    応募相談票の提出
    応募できるのは一度に1校だけ。応募するための書類はハロワで配布しているので、提出前に余裕を持って取りに行っておくといいかも。軽いエントリーシートみたいに志望理由などを詳細に書く書類なので、準備にそれなりに時間を見積もっておく。
  • STEP.4
    面接予約電話
    ハロワで申し込み手続きを済ませたら、各自で希望訓練校に面接予約の電話をする。面接日程は都道府県ごとに共通だが、時間が人によって変わるので注意。このとき、応募書類を郵送にするか、当日持参にするか希望を聞かれることもある。どちらでも良いが、私は事前に郵送1)添え状を付け、透明クリアファイルに入れ、封筒は白い角形2号。普通郵便で郵送。した。
  • STEP.5
    応募書類の郵送(もしくは面接当日持参)
    ハロワで受付印を押してもらった書類を希望校に郵送する。面接準備の為、必ず事前にコピーを取っておくこと。
  • STEP.6
    面接当日
    面接だけでなく、筆記試験がある場合もある。筆記の内容が気になる場合は、事前の見学説明会で聞いておくと良い。当たり前だが、面接はスーツで行く。
  • STEP.7
    選考結果通知書
    面接から1週間位で自宅に合否の結果が郵送される。何日までに届かなかったら校舎に連絡してくださいというアナウンスが面接当日にあるので確認しておく。
  • STEP.8
    就職支援計画書の交付
    合格だった場合のみ、再びハロワに来所して「就職支援計画書」の交付を受ける。これの交付を以って、訓練に参加できるようになる。交付を受けるには事前に予約が必要だが、大抵は応募書類提出の時に、同時に予約を促されることが多い。 選考結果通知書と証明写真(3×4)1枚を持って行く。

▼これら手続きをしていた日々の記録。

求職者支援訓練開始までの動きを記録した日記

希望訓練コースの探し方

プログラミングを学び、就職につなげようとしていたので、それに合うコースを探しました。冒頭で職業訓練と求職者支援訓練は、雇用保険受給の有無で分けられていると書きましたが、自分に合うコースが無い場合(=必要性がある場合)は、雇用保険を受給していても求職者支援訓練を受けたり、もしくはその逆も認められています。

管轄ハロワと違う都道府県のコースを受講することもできます2)例:管轄ハロワが埼玉県でも、その埼玉県のハロワから東京都の訓練に申し込むことも可能。。もちろん通えること前提なので、あまり無駄に遠い場所だと(この人は途中で通えなくなるのではないか?)と切られる可能性はあります。

最初の求人申し込み(STEP1)をハロワにしに行ったときに、窓口でどんな訓練があるのか聞いてみましょう。事前に自分で調べたい人は、検索エンジンで「職業訓練 東京都」「求職者支援訓練 埼玉県 4月」といった具合にキーワードを入れて検索すると、行政の公式ページが出ます。一例を載せておきます。

参考 求職者支援訓練について厚生労働省 東京労働局 参考 一般委託訓練【一般求職者対象(募集講座・応募状況)】彩の国埼玉県

希望訓練コースがなんとなく定まったらハローワークに行きましょう。

初めてだと戸惑いますが、ハロワは事前に予約をせずに来所して大丈夫です。受付で、初めて来た旨・職業訓練を希望する旨を伝えれば、後は案内してもらえます。ちなみにハローワークは私服で行って全く平気な場所です。市役所みたいな雰囲気です。

脚注   [ + ]

1. 添え状を付け、透明クリアファイルに入れ、封筒は白い角形2号。普通郵便で郵送。
2. 例:管轄ハロワが埼玉県でも、その埼玉県のハロワから東京都の訓練に申し込むことも可能。