エンジニア職に内定したので記録

正攻法の就職活動をしたのは人生初。数年前まで自分がエンジニアになろうとするなど考えたこともありませんでした。なぜこうなったのかは分かりません。

履歴書と職務経歴書なるものを書き、アポを取って面接へ行き。縁故採用で声かけられて仕事することしか今までなかったから、通常モードの就活はこんなにも大変なのかと思いましたとさ(就活生はみんなえらい!)

▲ 大学生のときにまわりの就活生がやってるのを見てたけど、まさか自分がこういうやつをやることになるとは思わなんだ。ちなみに対策した意味は特になかった(おい)。

 

受けた企業は全部内定しました。どうもありがとうございました。夏にやってて内定もらってたのはWebマーケター職(全部辞退しちゃった)でしたが、今回は全て開発エンジニア職です。

本音を言うと、自分の実力と書類に表れるスペックに乖離があることを重々自覚しているので、このまま入社して本当に大丈夫だろうかとかなり心配になっているのが正直なところ。

私の学歴や事業主時代の実績は、で出来てるんですよ。だって実力あったら、こんな意味不明な人生送ってないだろうし。ま、これもこれで人生なので仕方ありません(諦観の念)。

 

ひとまず落ち着いた…かと思いきや、ここからラストスパートがかかります。課題に修了試験に国家試験にベンダー試験に引っ越しに。むしろこれからの2~3週間の方が忙しい。スケジュールがめちゃくちゃになってる。

twitterで「未経験からエンジニア転職、成功しました!」ってやると変な人々が湧くので、このブログにひっそり記録しておきました。

ヒマになったら、就職までの道のりを細かく書いてもいいかなと思ってはいますが、とりあえず未定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。