青軸キーボード「HERMES E2」を買ったから見て

 

「HERMES E2」というキーボードを買いました。

現在持っている外付けキーボードの調子が悪くなってきたので、新しいものが欲しいなと家電量販店をうろついて物色。

押し心地が良かったことと、価格が5000円で収まったことが決め手で即購入。

「HERMES E2」機能を紹介!見た目も楽しいゲーミングキーボード

別にゲーミングキーボードが欲しかったわけではなかったのですが、機能とコスパがハマったのでこれにしました。6色に光ります(笑)

赤、オレンジ、ピンク、紫、水色、緑。

 

一応、説明には7色と書かれていますが、7色目は確認できません。何色のことを言ってるのだろうか、黒も数に入れてる?

テンキーがないので、キーボードが大きくなりすぎず、コンパクトなのもポイントです。

点灯モードの制御

色の配置を制御することはできませんが、点灯モードは調節できます。

  • Fn+Del(じんわり点滅)
  • Fn+Ins(忙しめな点滅)
  • Fn+End(点灯OFFもしくはずっと光ったまま)

辺りを色々押してると、好みのものに変更できます。

Windowsキーの無効化

あと特徴なのが、ホームボタン(Windowsボタン)を無効化できる点。

  • Fn+Windowsキー(無効化と有効化を切り替え)

配置によっては、作業中にうっかりWindowsを押してメニューが開いてきてウザイってことがあります。

特にこのキー配置だと、右の手のひら側面がガッツリ当たりがちなので、この機能があって助かってます(めっちゃ押しちゃう)。

青軸キーボード

この機種には青軸と赤軸の2種類あるみたいですが、今回購入したのは青軸。一般的なキーの押し心地を文字にするとこんな感じ(適当)。

  • 赤軸:コトコトコト(あんま音しない)
  • 茶軸:カタカタカタ
  • 青軸:カチカチカチ(うるさい)

※他にもマイナーな色の軸もあるようですが、そこまで知識ないのでよくわかりません。緑軸でしたっけ?たしか。

ずーっとPC打って仕事してると飽きたり疲れたりするので、キーボードを取り替えて気分転換するという性癖がありまして、色んなキーボードを試してみたい欲求があったり。やっぱり軸が変わるとぜーんぜん打刻感ちがう。青軸、楽しい。カチカチカチカチカチカチカチカチ

ただし、かなりうるさいので夜の使用はどうかと思うし、喫茶店などの外でも使えないと思います。カフェや自習室等で作業する等、他の人が近くにいる場所で使うなら、やっぱり赤軸が無難だと思います(せいぜい茶軸)。

【注意】エンターキーの配置と大きさ(横に細い)

若干気になるのは、エンターキー。

配置自体はまあまあ良いのですが、細い。しかも横に細いので、少し上を押しちゃって、が打たれる」ミスタイプが多発」します。これには多少、慣れる」期間が」必要です。」」」」」」

エンターキーが縦に細いパターンは何度か見かけましたが(例えばDel〇)横に細いパターンはあまり見たことがなかった。

買う時に店頭で実物を見る中で、エンターキーが数秒迷ったポイントだったので、気になっちゃう人はやめたほうがいいかも。だって最重要キーですし。

その他は不満はないです。良いキーボードを買えたなと満足してます。あとは耐久性が気になるところですが、それはしばらく使ってみてからの判断です。

 

新しいキーボードで、張り切ってPCでバリバリ仕事します。それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。