基本情報技術者(午前免除試験)の合格記

情報系の国家試験、基本情報技術者試験の午前免除試験に合格しました。「午前免除」といっても、きちんとIPAが実施するもので、本試験と内容はほぼ同じです。

実務経験者は別かもしれませんが、未経験者は結構ちゃんと勉強しないとしんどいはず。勉強のコツをまとめておきます。

基本情報技術者試験の午前免除

午前免除試験は、IPAに認定された教育機関でのカリキュラムを規定時間以上受講すると受けられます1)基本情報技術者試験の午前免除について詳しく知りたい方は、IPA公式サイトを参照してください。https://www.jitec.ipa.go.jp/1_80tokurei/_index_tokurei.html。授業を受講したところで、本試験とほぼ同じ問題を解かないといけないので、別に意味ないんじゃないか?と最初は思っていましたが、そんなことはありません。

基本情報技術者試験は、午前試験と午後試験に分かれます。午後試験の準備がなかなか大変だったりするので、「本試験では午後試験の準備だけしていけば良い」というのは、かなりの負担軽減になります。

午前免除試験は、6月・7月・11月・12月の年間4回行われます。全国すべての認定機関で試験日時をそろえて同時に行われます。受験料も全国共通で、2000円。試験時間は2時間半。

午前免除試験の難易度と勉強のコツ

難易度は、基本情報の本試験とまったく同じです。試験形式も同じで、4択の選択式×80問です。そのため、合格するためには本試験の過去問を勉強するのが最も近道です。

本試験も然り、かなり過去問の焼きまわしが多いという点がこの試験の大きな特徴。過去問をやり込めば確実に合格できます(合格基準は6割以上、48問/80問がボーダー)。

計算系の問題ですら問題文の数値を少しも変えずに、全く同じなまま出題されます。私は計算問題楽しいので好きなんですが、苦手な人は最悪、答えそのまま覚えておけば解けm…いえ何でもありません。よく見かける答えは「125µ秒」「50MIPS」「200」です(小声)。

勉強した期間と時間

1ヶ月

法学系修士を経ている生粋の文系です。理系分野に触れるのは高校以来のご無沙汰、logって久しぶりに見た。情報系に至っては人生で初めて勉強しました。試験勉強としてきちんと学習したのは1ヶ月です。

職業訓練校の情報の授業を受けるところから入っているので、完全独学の自分一人で理解をすることから始めないといけない方は、もう少し長めに見積もった方がいいです。

勉強時間はStudyplusのスクショを貼ります。キミドリは職業訓練校での学習と自習、オレンジがキタミのインプット、グレーが過去問サイト(https://www.fe-siken.com)で問題を解いた時間です。

勉強時間としてはそこまで多い方ではないはず。色々目安になるかと。

試験範囲に注意

  1. テクノロジ系(50問、約6割)
  2. マネジメント系(10問)
  3. ストラテジ系(20問)

全80問、試験の分野はこのような割合で出題されます。テクノロジ系を完成させることが最も先決なので、まずはここに力を入れます。真っ先に想像する”情報” の試験内容がテクノロジ系に該当します。

テクノロジ系は参考書を使ってしっかり理解し、過去問演習に入りましょう。これから情報系の仕事に進む方は、単なる試験勉強としてやり過ごすのではなく、知識として浸透させ、後のプログラミング学習の下地になるようにしっかり勉強できると良いですよね。

マネジメント系とストラテジ系はビジネスの要素が入っていて、どちらかというと文系っぽい試験になってます。何だかんだで80問中30問もありますし、どんどん後回しにしていくとテクノロジ系でミスれないことになって辛いので、こちらの勉強も蔑ろにすべきではありません。

ただ、マネジメント系とストラテジ系については、あんまり参考書のインプットが役立たないので、さっと参考書を通したらすぐに過去問演習をしまくりましょう。

むしろ、マネジメント系とストラテジ系は過去問の解説文を使ってインプットする位がおすすめです。

教材

  1. キタミ式を使ってインプットし、
  2. ネットの過去問サイトで問題を解きました。

▲「キタミ式 基本情報技術者/技術評論社」。年度ごとに版が変わるので、気になる方は最新版を買った方がいいかもしれないですが、中身はさほど変わらないので節約したい人は中古でもいいんじゃないかな。

基本情報技術者試験の参考書といえば、こちらの「キタミ」か「猫(栢木先生)」かの二択です。

イラストの解説が好きな人はキタミ、文章を読みたい人は猫かなというざっくりした分類がありますが、向き不向きあるので、ネットで買う前に本屋でパラパラとめくってみてから購入されることをおすすめします。私は圧倒的にキタミ派でした。

テクノロジ系の解説は本当に分かりやすいです。諸々の内容を擬人化(キャラクター化?)して説明してくれるので、頭に入りやすいし理解がしやすい。私としてはとにかく「絵がかわいい」のがポイント高くて、「見る気になる」のがモチベにも役立ち、最も良かった点でした。

難点はマネジメント系とストラテジ系の解説が薄いことです。最低限の内容には対応できますが、ビジネス分野のインプットにはあまり向きませんでした。ただ、過去問の解説文を使ってインプットすればこと足りたので、別途、他の参考書を買う必要まではないです。

もう一つの難点は、重いことです。兼業の方で、通勤時間に読むために毎日持ち歩く…のはそこそこ辛いかもしれません(個人差)。

参考 基本情報技術者試験ドットコムhttps://www.fe-siken.com/

▲過去問演習はこちらのサイト(無料)でひたすら解きました。

アカウント登録をしなくても使えますが、登録をするとどの問題で間違えたのかが全部記録されたり、正答率が分かったりするので、結構便利です。ほぼ全ての問題に、解説文がしっかりついています。このサイトを使いこめば、問題集や過去問集は一切買う必要ないです。

これから受験される方、合格目指して頑張りましょう!

脚注   [ + ]

1. 基本情報技術者試験の午前免除について詳しく知りたい方は、IPA公式サイトを参照してください。https://www.jitec.ipa.go.jp/1_80tokurei/_index_tokurei.html