KitchenSafe でスマホ依存から抜け出そう大作戦

本当に最近の自分は酷いんですよ、なんか気づくとスマホ触ってるんです。意味もなく。別に誰からLINEの返信が来るわけでもないし、用もありません。何故か知らないけど、ツイッター、メッセージのないLINE、YOUTUBE、ツイッター、LINE、YOUTUBE…と眠くなるまでループ。そして寝る。朝。出社。以上。

これでは人生がなんかよくわからん間に終わってしまう!!!と思いまして、改めて「今日こそはスマホで無意味にネットを徘徊しないぞ」と強く心に決めて、会社から帰宅。そしてふと意識を取り戻せば、あれ?また意味もなくスマホを触っている…。そして眠い…寝る…朝…出社…。

なんだこの生活は!!!!よくなーーい!!!!よくないのは分かっているんですが、どうしても意志の力なんてものはアテにできません。この有様。

意志が弱く、自己コントロールができないような人間に、人生をより良き方向へ変化させる風など吹かぬのです。自分を磨く時間をスマホに吸い取られちゃってるからね。凡人の意志力なんてカスみたいなものなので、自分で律せられないならば、環境を整えて意志の力を行使する必要ないまま理想の状況に持っていくのがベスト。

学生時代、勉強に追い込まれていた私は、勉強して臨んだはずの模試の偏差値が40台だったことに絶望し、時間泥棒だったスマホとパソコンを、マジで地面に叩きつけて物理的破壊をしてそのまま2年間デジタルを断ったんですが(※実話)、もうオトナになったので、今となってはそんなことできません。そこでオトナの財力を駆使してこちらを購入。

「KitchenSafe」といいます。だいたい見れば分かるかと思いますけれども、中に入れてタイマーをかけると、その時間が過ぎるまで開かない箱です。海外製品なので、ちょっと全体的に日本語は変です。悪しからず。

スマホ依存だけでなくて、アルコールの依存、とか買い物依存の人がクレカや財布をここにぶち込んでおき、買えないように抑止したりもするそうです。

造りは結構頑丈。ビルの3階から落としたり、金属バッドでぶち殴ったりすればもちろん壊れちゃうので、絶対に開かないとまでは言えないんですが、これお値段8000円もしますんで(壊したらもったいない)という気持ちが働きます。

こんなプラスチックの箱に8000円!?とかちょっと思っちゃうかもしれませんけど、我々は意志の弱き凡人なのです。むしろ「自制する機会を与えていただきありがとうございます」と唱えながら、罰金だと思って払った方がよいです。

 

一度タイマーをセットすると、その時間を満了する以外に開ける方法は用意されていません。良い強制力。

 

最初は、1分間とかに設定してフタのみの動作確認をします。白いでっぱりがウィーンて出てくるのには若干笑ってしまった。きちんと正常に動いたので、今度はスマホをぶち込み1時間半に設定してみた。

感想。

これはめっちゃ良い。ガチの依存症の方がどんな感情になるのかまでは分かりませんが、「なんとなくいつもやってしまう」程度の人がその欲から離れるのには最適だと思った。だって開かないんだもん。

勉強やブログに集中できると思うよ。ついつい観ながら文章書くと、気が散ってあんまり集中できないんだけど、でもYOUTUBEとか気づくと観ちゃう、みたいな人とか。

時間を追加したいときは、ふたたびダイヤル回してボタンを押すだけ。思いの外、一回お預けしたものを延長するのってハードルが低かった。1時間半終わった後、スッとそのまま30分追加したけどスムーズにできた。

その後、30分間が満了したので、開けてスマホを触っちゃったら、眠くなって寝て、朝になった(おい)。やっぱり触ったらこうなるんだな。そしてこの箱の重要さが良く分かった。

時間スマホに吸い込まれてしまって、自分でコントロールできない状態になってる人は罰金8000円支払ってこれ買うと良いです。おすすめ。

P.S.無意味にパソコンをいじってしまう人は、PCのパスワードを英数字の適当な覚えられないものに設定し、そのパスワードを書いた紙をこの箱に入れると禁欲できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。