手首用クッション・マモちゃんを買ったから見て【アームレスト】

ずーっとタイピングしている生活をしていて、気になっていたのが「手首がなんか痛い」ってこと。角度的にテーブルに当たってしまって、畳んだタオルを当てて何とかしてきたんだけど、そういえばそういうクッションってあったよなと思って探してみたところ、超かわいいやつを見つけて買ってしまった。

手首を守るので、「まもちゃん」とかいうネーミング。可愛すぎだろ。

▲1個1000円×4個(高けぇな)

Amazonで買いました。

アームレストといえば、横長のクッションをテーブルに置いて、その上に自分の手首が当たるようにタイピングするっていう使い方をするものが普通だけど、これは自分の手首に直接巻き付ける使い方をする。

▲可愛すぎて癒される。

 

まもちゃんの手の部分に針金が入っているので、好みの形に固定できる。一応、手首クッションだけではなく、スマホ立てとして使ったりすることもできる。

1個1000円だとある程度高いけど、まともなアームレストは2500円くらいするので、両手で2000円となるとそこまで高すぎるって程でもない(まあ、もっと安価なものを探せばいくらでもありますが)。

良かったなと思ったのは、手首に巻き付けて使うという点。手首ってめっちゃ動き回りません?

置く型のレストクッションだと、位置が気になっちゃってクッションを何度もずらして場所を微調整しながら使うことになっちゃうんですよね(タオル当ててたときにそうだったので)。

手首に直で巻き付けるタイプのクッションであれば、どれだけ手首が動いても関係ないので、私はこっちの方が良いと思った。あとは、顔ついててピンクで可愛かったんでこれ買いました(安易)。

ただし、手にずっと何かついてるのが逆に気になっちゃう人には、こういうタイプは向いてないかも。

針金が当たって痛い、とかもなかった。良い。

これ使ってバリバリにお仕事しまーす。おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。