勉強をゲームっぽくする工夫

今はのんきなお勉強スタイルですが、現役の学生時代は常に何かに追われてるように勉強していました。量をこなさなければいけない中、自分がやってて割とよかった進め方を書いてみます。

始めに書くと、

ロフトに行って、可愛いノート(or手帳)とキラキラのシールを買ってくることです

詳しく書いてみます

「勉強時間や勉強内容を記録する」っていうのは、いろんなところで言われます

これはなぜかというと、自分がやったことというか日常のお勉強自体を報酬として、認識できるようにするためです

人間って「達成感」などの精神的な報酬が無いと、基本的にがんばれません

中毒になる人も多い「ゲーム」ですけど、あれがなんでハマってしまうかといえば、賢いゲーム開発者の方々が、ところどころに達成感なりの精神的報酬が得られるようにゲームを設定しているからです

レベルがあがったらタッタラーとか気持ちの良い音楽が流れたり、アイテムをゲットしたときも「よっしゃ」って感じるようなエフェクトが流れたり、集めたアイテムを一覧で眺めたり、空欄を全部埋めるとすっきりできるようなUIになっていたり…

自分がゲーム内でやった作業が、「おお!これだけやってきたか!」「だいぶ進んだな!」と可視化されています

ポケモンとかまさにそうです

ジムリーダーに勝つとバッジがもらえます 集めたバッジはメニューとかで一覧になってて、眺めることができます 集めたポケモンも一覧になってて眺めることができます

よく「勉強を記録した方がよい」と言われるのは、ゲームのように「積み重ねを可視化すること」が、脳みそに良さげだからです

だから、この「可視化」の部分をもっと楽しくすれば、よいのでは?という発想になります

で、勉強の報酬って通常かなり遠いんです

例えば「2年後の志望校合格」「年に1回しかない国家試験に合格する」「学校を卒業する」「単位を取って進級する」とか…。「やったー!!」と達成感を感じるタイミングが基本的に遠いし、少ないです

なので、楽しく継続するためには「日々の勉強をこなしたこと」自体を、報酬としていく必要があります

勉強したら、それだけでうれしい・満足する

という状況を作ります

ってことで最初の可愛いノートとキラキラシールになるんですが笑

幼稚園生が、幼稚園に出席すると、連絡帳のカレンダーみたいなページに、先生がキラキラシールを貼ったりしてませんでした?いっぱい行くと、いっぱい貼ってもらえる的な

あれをイメージして、左端に例えば科目名を書いて、その隣に1時間勉強したらキラキラゴールドの星のシールを一枚貼る、っていうのをやってました

▽イメージ図

ノートは格子っぽく線を引いて、四角いマスを星でひたすら埋めていました

ずらーっと並んだキラキラシールは圧巻です草

一応、スタディプラスでも記録していたんですが、あれだけだとやった感がダイレクトにわからなかったので、それと同時に上の画像のように、手帳にもシールを貼りまくって記録していました

空欄を早く星で埋めたくて、あと1時間がんばろうかなとか思って、やってたときもあります笑

おそるべしキラキラの力。

私はこういう金のギラギラした星のシールが好みで大量に購入していたんですが笑、各自でグッとくるシールを選んで使ってみると、楽しいかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。