「長岡の教科書」という魂込められた本

長岡亮介先生によって製作された「長岡の教科書 全解説」シリーズを買ったんですが、冒頭の「はじめに」部分で一気にファンになってしまいました。魂込められすぎてて、もうね、数学やり残してきた大人は、これ、やってください。約束です。

本を買うと、講義音声CDがついてきますが、同じ音声がYoutubeチャンネルにも全公開されているので、出先でスマホからすぐに勉強できます。

テキストの講義に入る前の導入でこんな話があって、私の心は持っていかれてしまいました。

長岡先生は、理Ⅰから数学科を卒業していて、明大特任教授や放送大学の教養学部教授をされたり、某予備校の人気講師をされたりしていたガチの方です。

著書としては、どっちかというと下記「総合的研究」や「集中講義」の方が界隈では有名ですが、難易度高いです。数学を綺麗さっぱり記憶喪失した社会人には、前述した「全解説」の方をおすすめします。

学生の時にこんな本に出会えていたらなぁ…と思ったりもしたのですが、仮に私が当時出会っていたとしても刺さらなかっただろうと思いなおしました。いろいろと一周して、大人になった(なってしまった)結果、受け取れる土台が私の中に出来ただけですねたぶん

「全解説」こなしたら、「総合的研究」を買って勉強したいと思ってます

持っている「エクセル(オレンジ)」や「フォーカスゴールド」をまるごと捨てたくなりました(補足:エクセル(教科書傍用問題集)やFGが良くないと言いたいわけでは全くないです。自分がもっと好きになれる本が見つかっただけです)。メルカリで売ろうかな…(笑)

一応、

「全解説」は基本の理解をする段階、「総合的研究」はそのあとの基礎~標準レベルをマスターするあたりのレベルのテキストになるかと思います(青チャートやFGなどの網羅系問題集と同じようなゾーンです)。

人によりますが、「総合的研究」が終わった後に「プラチカ」や「やさ理」、さらに「ハイ理」「上問」もしくは大学過去問などへ進んでいく、という感じのイメージです。

青チャとかフォーカスゴールドあんまり好きじゃなかったから、こういう本見つかってうれしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。